最新情報



最新情報

10:00-18:00営業しております。(定休日:祝日) お問い合わせはお気軽にどうぞ。



アーム二の腕シェイパーウエア アーム二の腕シェイプボレロ

気になるタルミがスッキリ!二の腕用シェイパー
シェイプウエアはこちら/シェイプボレロはこちら

HISハワイイベント

【HIS】E HULA MAI FESTIVALに協賛しました

フラダンスイベントナビ

日本や海外のフラダンスイベント情報をご紹介

フラダンスの教室

フラダンス教室選びのポイントとは?

 

フラといえばハワイ!そんなハワイの歴史を知っておきませんか?【Laulax】

TOPフラダンスとは? > ハワイの歴史
フラ衣装の種類
ハワイの歴史
  • 出来事
  • 習慣・文化・人々の変化

先史時代・ハワイ王朝

  • 1779

  • ハワイ島のケアラケクア湾にイギリスの
    探検家ジェームス・クックが2隻の船で到着
  • 1795

  • ハワイ島のカメハメハ大王はオアフ島へ
    侵攻 。ヌウアヌパリの戦いで大勝利を納める
  • 1799

  • クック殺害される
  • 1801

  • カメハメハ王による全島統一
  • 1804

  • 王宮をマウイのラハイナから
    一時ホノルルに移し、
    カウアイ島の侵攻するが、失敗
  • 1810

  • カウアイ島のカウムアリイ王と講和条約を
    結び、ハワイ全島を統一に成功
    ハワイ王朝の始まり
  • 1819

  • カメハメハ大王永眠
    1世の跡を継いだリホリホは
    2世は伝統的制度や宗教を廃止した
  • 1820

  • サーストン牧師は文字を持たなかった
    ハワイに文字をあてはめハワイ最初の
    モクアイカウア教会をハワイ島に建て
    聖書制作
  • 1821

  • オアフ島のホノルルにカワイアハオ教会が
    建設された宣教師たちの保護や水・食料の
    補給のため アメリカ合衆国の軍艦が
    ホノルル港に投錨するようになる
  • 1828

  • ハワイ島コナでコーヒーの栽培が始まる
  • 1834

  • マウイ島で初の新聞が発行。
    ホノルル警察署設立

ハワイ王国

  • 1840

  • ハワイ憲法発布、立憲君主制度確立
  • 1842

  • アメリカと独立承認交渉により
    独立が認められる
  • 1843

  • ヨーロッパとの独立承認交渉により
    英仏に独立が認められる
  • 1844

  • イギリスと通商協定(不平等条約)締結
  • 1845

  • 第一回ハワイ議会召集、基本法制定
    ホノルルを首都に制定
    世界漫遊の旅に出たりとその威厳があり、
    メリーモナーク(陽気な君主)と愛称される
    ほど人気が高かったそうです。
  • 1875

  • アメリカとの間に通商互恵条約を締結。
    ハワイ−アメリカ貿易は無関税となり
    ハワイ産の砂糖は大量にアメリカに出荷
    され、 その利益は莫大なものになった。
  • 1885

  • この頃からフラ・ダンスやハワイアン音楽・
    サーフィンなどを復活・振興、民族の誇り
    を取り戻せる様な風潮が始まったそう
  • 1893

  • サンフォード・B・ドールを総裁とする
    新政府ハワイ共和国樹立によりハワイ王朝
    は幕を閉じる
    ※ドールの弟のジェームス・ドールが
    創設した会社がパイナップルで有名なドール社
  • 1898

  • アメリカの連邦議会にてハワイは
    準州となりアメリカの領土となる
    1898年 ウィルコックスの反乱

ハワイ共和国

  • 1941

  • 12月7日早朝の日本軍のパールハーバー
    奇襲ではじまった太平洋戦争勃発
  • 1945

  • 第二次世界大戦終結

ハワイ州

  • 1959

  • アメリカ50番目の州でハワイ州となる
  • フラは踊りとして美しいだけでなく、
    古来、神に捧げる神聖な踊りとされていた時代
  • 神への信仰の表現・宗教儀式の一部や、出来事を
    後世に伝える手段として、フラ『踊り』が広まった
  • 「自然崇拝を意味するフラは野蛮でみだらなもの」と
    称し、フラやサーフィンや伝統文化を約50年間消滅
    してしまう。
  • 1810年代終わり頃より、アメリカ海外伝導評議会が
    キリスト教を布教するため、ハワイに宣教師が派遣
    されてくるようになる。
  • 西洋からの移民が増え、捕鯨漁業・砂糖産業
    パイナップル産業が盛んになる
  • コロア製糖会社設立され、製糖業盛んになる
    1835年に砂糖のプランテーション作りに成功。
    ビジネスマンに変身し、宣教師をやめるものが
    続出した時代だったそう
  • 憲法も発布したことにより、さらに白人も政府に加え
    一気に西洋化を進まった。また、土地改革が行われた
    こともあり砂糖キビのプランテーションも登場し
    普及した
  • ハワイ語がアルファベットに変わり、口頭による
    伝承は後に記述や印刷技術へと発展・聖書も出版された
  • 1848年
    「グレート・マヘレ法」が施行され、
    ハワイの土地を白人たちが入手する契機となります
  • 1854年
    3世の死後王位についた4世はアメリカの
    驚異を恐れ閣僚からアメリカ人を排除し、
    イギリスびいきの政治を行いました
  • 1875年
    アメリカとの間に通商互恵条約を締結。
    ハワイ−アメリカ貿易は無関税となり
    ハワイ産の砂糖は大量にアメリカに出荷され、
    その利益は莫大なものになった
  • 1885年
    この頃からフラ・ダンスやハワイアン音楽・
    サーフィンなどを復活・振興、民族の誇りを
    取り戻せる様な風潮が始まったそう
  • 19世紀後半には、日本、中国、韓国、プエルトリコ、
    ポルトガル、ロシア、フィリピンなどの様々な国からの
    移民が増え、 農業が急成長した
  • 1964年
    「メリー・モナーク・フェスティバル」開催
  • 1971年にコンペティション(競技会)形式に
    変わった際に、フラダンスは現在のような区別を
    されている“カヒコ”と“アウアナ”に分けられて、
    踊られるようになりました
  • 1972年
    ハワイアン・ルネッサンス運動
    …ハワイの人々が“カヒコ”や“ハワイ語”の大切な文化を守り 伝承するために、一般の人々もフラダンスを学べる様な形に 変化し発展を遂げる道が出来ました
  • アメリカのリゾート開発企業も次々と進出し、
    近年のようなリゾート地へと発展をとげる
  • 一度は訪れたいフラの聖地・パワースポット

    ●タンタラスの丘

    ●ヘイアウ
      →聖地・パワースポットワイネア渓谷、シダの洞窟

    ●ロイヤルハワイアンSC
     →ハワイの名曲アロハ・オエを作った最期の女王リリウオカラニなども通りの名や自然公園の名になっている

    ●ハワイアンの聖地
      →ワイピオ渓谷とヒイラヴェの滝巡り

    ●カウアイ島・フラの女神「ラカ」の神殿・ノースショア



    フラの衣装 小物の種類
    フラ衣装はこちらから ≫
    フラの衣装 小物の種類
    フラ小物はこちらから ≫
    フラの歴史
    詳しい方もフラを始めたばかりの方も、フラダンスのこと
    学んでみませんか?
    フラの歴史
    フラの歴史とともにハワイの歴史も
    学んでみませんか?
    フラ用語/ハワイ語 豆知識
    フラ用語やハワイの言葉、皆さんはいくつご存知ですか?